トランペットの話

フリューゲルのマウスピースのシャンク、色々な種類があるなんて知らなかった💦

 

フリューゲルホルン

 

最近、フリューゲルホルンを使う仕事をしてます。

 

リハーサルの時に、

『あ、このフリューゲル、マッピとシャンク合ってないね~』

と言われ

??フリューゲルってどれも同じシャンクじゃないの??」

と思って聞いてみたら、バックとヤマハでマウスピースの規格が違うみたいです。。。ヤマハのマウスピースを使っていたのだけれど、僕の使っているカンスタル社のフリューゲルはバックタイプのマウスピースが合うように作られているみたい。。。

 

フリューゲルのマウスピースは、バックもヤマハもどちらも持っていたので、帰って比べてみたら、結構違った!!

 

ヤマハのマウスピース

☝ヤマハのマウスピースを挿したところ。

 

 

バックのマウスピース

☝こちらがバック。

 

ヤマハのマウスピースの方が、だいぶ太い感じがしますね💦 バックのマウスピースのほうがシャンクが細くて、奥まで入ります。

 

バック、ヤマハの比較

☝上がヤマハ、下がバック

 

 

バックのマウスピースは深すぎて高い音域とかが大変で、ヤマハのマッピを使っていました。音程よくないな~とか思っていたのだけれど、マウスピースのせいだったのかも💦

バックタイプのマウスピースで、自分に合うものを探そう♪

 

フリューゲルのシャンクサイズについて調べていたら、ボブリーブスのサイトに詳しく載ってました!

こちら☟
http://www.bobreeves.com/blog/flugelhorn-mouthpiece-guide/

 

なんと、大きく分けて4種類もあるみたい! フリューゲルは奥が深い!